« 喫茶去 一芯二葉 さん | トップページ | おいしいお茶の時間 »

2012年11月16日 (金)

復興支援 『くるみるく』

素敵な出会いがありました。

017


こちらのキャラメルは、静岡県の Y.A さんが作られた、

和ぐるみを使ったキャラメル 『くるみるく』 です。

東日本大震災の被災者の方への復興支援のために立ち上げられた

SAVE IWATE さんが主宰する『三陸の和グルミプロジェクト』 にて

( クリックしていただくと、リンクしています ) 

開催されたコンテストのお菓子部門で

優秀賞を受賞された手作りのキャラメルです。

 

胡桃のベッドについてY.A さんより問い合わせをいただいたのが一か月前。

ちょうどサンイデーにて開催中でしたテーブルマルシェに

足を運んでくださり、胡桃のベッドをお買い上げくださいました。
  

 

Y.A さんはコンテストの賞品として受け取った胡桃を使って

キャラメルを作り、お勤め先の生涯学習交流館のおまつりで販売し、

売り上げを復興支援のために寄付したいとのことでした。

その後、胡桃のチャームもオーダーいただき、

『くるみるく』販売のテーブルに飾ってくださいました
  

Y.A さんは私と同じ岩手県のボランティアに行かれていたり、

復興支援にもとても熱いハートをお持ちの方。

『くるみるく』 は全部で1200粒以上作られ、5粒ずつ240袋

丁寧に包まれて、日曜日の交流館まつりで完売されたそうです

本当によかったです~~
  

  
終了後、Y.A さんから写真を送っていただいたので紹介させていただきますね
  

003_2_4

もうすぐスタート。スタンバイ OK です
  

 

004_2

胡桃のベッドでうさぎちゃんとねずみちゃんがおねんね。
  
   

 

006_2_3_2

胡桃をかじってるリスさんのイラストもかわいい
   

 

 

005_2

私も何かお役に立ちたいと思って、

小さな看板がわりに「く・る・み・る・く」を作りました
   

 
  
  

002

「完売しました。お買い上げ、ありがとうございました!」

 

007

貼り紙には、comono-moco の名前も入れてくださいました。(右下)
  

Y.A さん、準備から開催まで本当にお疲れ様でした!

これからも、東北の被災地のために自分にできる何かを探しながら

少しずつでも支援を続けていきましょう

|

« 喫茶去 一芯二葉 さん | トップページ | おいしいお茶の時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいです。人とのつながりがどんどん広がって大きな輪になることを祈ってます。生きてることの大切な意味かも知れません。

投稿: Hanatare | 2012年11月19日 (月) 09時30分

comono-moco様
静岡のY.Aさんから教えていただきました。岩手で支援活動をしているSAVE IWATEです。みなさまからご支援をいただき和グルミのプロジェクトがどんどん広がってきています。たいへんうれしい限りです。ありがとうございます。
もしよろしければ、こちらのブログのページをわたしどものサイトでご紹介させていただきたいと思いますが、いかがでしょうか?
よろしくお願いします。
一般社団法人SAVE IWATE
理事長 寺井良夫

投稿: 寺井良夫 | 2012年11月19日 (月) 10時58分

Hanatare さん
ありがとうございます。
こんな始まり方のつながりもあるんだなぁ、と
自分でも不思議なくらいです。
小さな輪が広がって、大きな輪になっていきますように

投稿: moco | 2012年11月20日 (火) 23時44分

寺井良夫 さま
コメントありがとうございます。
私の作る物が、支援活動につながるとは思っていなかったので
胡桃のベッドを見つけてくださったY.Aさんとのつながりに感謝です。
このようなブログでよろしかったら、ご紹介ください
これからも何かの形でお役に立てたらと思います。

投稿: moco | 2012年11月20日 (火) 23時50分

胡桃のベッド いいものをつくっているといい出会いがありますね。 なんか、こちらまで心が温かくなりましたよ。

投稿: 金太郎 | 2012年12月 6日 (木) 10時58分

金太郎さん

ありがとうございます。
自分の手から生まれたものによって、いい出会いに恵まれるなんて
不思議で嬉しいことです
元気童子さんたちとの出会いも、私にとって本当に素敵な出会いでした

投稿: moco | 2012年12月 6日 (木) 22時30分

この記事へのコメントは終了しました。

« 喫茶去 一芯二葉 さん | トップページ | おいしいお茶の時間 »